2010年09月20日

富士山(富士宮ルート)

今日は。昨日は今年の富士登山シーズンもそろそろ終わりと言う事で、せっかくなので登って来ました。本当はこの三連休を利用して北アルプスに行きたかったのですが、生憎連休初日に子供の世話をしなければならなくなってしまい、仕方がないのでトレーニングもかねて近場の山に日帰りで行く事にしました。近場の山である程度の標高差があって、トレーニングに使えるような簡単な山というと、これはもう富士山しかありません。高尾山では標高差が少なすぎるし、陣馬山まで縦走しても大した負荷はかかりません。かといって乾徳山や大菩薩峠では岩登りやら木の根っこやらでトレーニングに集中出来そうもありません。その点富士山だったら、とにかく馬鹿みたいにひたすら登って下りるだけなのでトレーニングにはもってこいです。加えて例年だと富士山の登山シーズンは8月までなので、9月下旬になれば観光登山も少なくなり、静かで落ち着いた登山を楽しめるだろうと思っていたのですが、これは頗る考えが甘かったです。でもその話はまた後ほど。


さて、土曜日の夜7時過ぎに車で富士山に向かい出発し、川崎から東名高速に乗り、御殿場ICで下車。富士山スカイラインで5合目に向かいました。富士山には幾つか登山ルートがあるのですが、今回は富士山スカイラインの終点にある富士山表口5合目から始まる富士宮ルートにしました。何故に富士宮ルートにしたのかと言えば、単に富士山スカイラインがタダだからです。自宅からだと、河口湖から富士スバルラインで5合目まで行く吉田ルートの方が近いのですが、富士スバルラインは往復で2000円も取られますので即座に却下されました。その他のルートは歩行距離が長過ぎて面倒臭いのでこれまた即座に却下です。


当日は夜中の12時位に5合目に辿り着いたのですが、駐車場は既にほぼ満車。トイレまで5分以上歩かなければならないほと辺鄙な場所に車を駐めました。どこの登山口でもそうですが、朝に登った人や観光目当ての人達は大体夕方6時位に帰るので、その位の時間に行けば良い場所を確保できると思います。今回自分が駐めたのは今にも巨大な岩がごろごろと転がり落ちて来そうな場所でしたが、心配な方はもう少し下に駐めた方が良いと思います。ちなみに帰りは登山口まで歩いたら1時間位はかかるんじゃないかと思える程、はるか遠くまで車が駐まってました。富士山恐るべし。


今回は早いとこ寝ようと思っていたのですが、その日は朝から調子が悪く、自宅を出る頃から頭痛がしていて、駐車場で焼酎を飲んでいるうちにお腹の具合まで悪くなってしまい、寝るまでの間に3回もトイレに駆け込み、寝たのは結局夜中の1時過ぎでした。おかけで計画では朝5時には起きる予定だったのが、いつも通りに寝坊し、登山を開始したのは6時40分でした。予定より1時間10分遅れです。


<五合目登山口>
2010092001.JPG

五合目登山口から15分程歩くともう六合目に到着です。ここには雲海荘という山小屋があります。宝永山ハイキングコースの入り口でもあるせいか比較的長く営業しており、その日もまだ普通に営業してました。また、ここには「バイオトイレ」なるトイレがあり、200円払えば利用できます。自分も15分前に駐車場のトイレに行ったばかりだったのですが、早くも再び便意を催したために利用してみました。バイオトイレとは何かと言えば「バイオの力で汚物を処理するトイレ」ということだと思いますが(全く何の説明にもなっておらず済みません)、見た目には普通のトイレでした。尚、9月以降の富士宮ルートでは、ここが最初で最後のトイレですのでご注意を。登山の途中で便意を催した場合、この六合目まで戻るか、その辺でキジ打ち(野グ〇)をするしかありませんが、富士山には隠れる所はありませんので、基本的に丸見えです。この日一日だけでも相当数のカップルが破局を迎えたことでしょう。


<雲海荘>

2010092002.JPG


6合目からは本格的な登山道が始まります。9月以降は入口が封鎖されていますが、脇から潜り込めばOKです。

今回はトレーニング目的なので、荷物は15キロほど手当たり次第に放り込んでおいたのですが、流石に重いです。標準コースタイムで計画を立てておいたのですが、本当に標準コースタイムでしか歩けませんでした。デイパックで登ってくる人達に次から次に抜かれます。中には抜き際に、ちらっと自分の方を見て、口元に薄笑いを浮かべながらこれ見よがしに大股でかけ登って行く輩もいて不愉快極まりありません。思わず、


「俺の荷物がその程度だったら、お前なんか頭を踏み台にしながらジャンプで追い抜いて、余裕の後ろ足キックで落石攻撃だからな!」


と心の中で思いながら、登山家らしくただもくもくと登り続けます(エライ!)。


さて、肝心の富士山ですが、正直に言って登っていて楽しい山ではありません。登山道から見える景色も高さが変わるだけで基本的にずっと同じです。頂上まで登れば火口が見られますが、それまでは延々と単調な登りが続きます。


<登山道からの眺め>

2010092003.JPG

9合目で休憩していると、シューシューと、何やら気味の悪い音が聞こえてきました。何かと思って見てみると、隣に座っていた兄ちゃんが携帯酸素ボンベで酸素を吸っている音でした。そこで改めて周りを見回すと、あちらこちらで沢山の人々が同じように酸素をシューシューやっていることに気付きました。


「ヒマラヤかよ!」


と、つい口に出してしまいそうでしたが、ここは懸命に耐えました(登山家の鑑!)。


それにしても、たかだか3700メートル程度の山で酸欠になる程貧弱な心肺能力しかないのも考え物ですが、自分の能力がその程度しかないと分っているにも関わらず、最初からボンベに頼って9月の富士山に登るというのは、ちょっと理解できません。見ての通り9月の富士山は登山道は閉鎖されていますし、気候の変動が激しいので、いつ雪や霙になるか分ったものではありません。そんな状態でもし高山病にかかって動けなくなりでもしたら一体どうするつもりなのでしょう。電話で救助を頼むつもりなのでしょうか。それにしても人頼みであることに変わりはありません。富士山に限らず、最近は各地の山で安易な救助要請が増えてるそうですが、簡単に山に行けるようなった半面、山に登るための心構えや必要な能力についての啓蒙活動が足りないように思えてなりません。


とまあ、偉そうなことを述べましたが、自分は大人なので、口煩いことは一切言わず、横でゼーゼーハーハーやってる兄ちゃんの隣で立て続けに煙草を5本程吸ってやりました(旨いんだな、これが)。兄ちゃんはゴホンゴホンとむせながら死にそうになってましたが、これで多少は山の厳しさを学んでくれたことでしょう。口で言わずに態度で示す。同じ山屋としての愛情教育です(温かい眼差し)。


それにしても先日登った蝶ヶ岳などに比べ、富士山にはビギナーを通り越して、初めて山に登ります、といった感じの人がかなりの数います。今回だけでもかなりの数のエピソードに出合いましたので、感想と共に下記列挙致します。


☆ エピソード@:
平気で落石を起こしまくり、しかもそれを全く気にしない。


☆ 感想@:
山での歩き方は街中でのそれとは違い、前足に完全に体重を乗せてから膝を伸ばし、持ち上がった後ろ足を靴の重さで前に出します。ところが富士山では、まるで武蔵小金井でも歩いているかのような勢いで後ろ脚で地面を蹴っ飛ばす輩が多く、絶えず落石の危険に晒されます。基本的に落石と言うのは当たる方が悪いのですが、上にいる人はなるべく石を落とさないように歩くのがマナーです。もし落としてしまったら済みませんの一言位言って欲しいものです。


☆ エピソードA:
「もう水が無くなっちまったよ。早く帰ってポカリ飲みてぇ!」


☆ 感想A:
山小屋の閉まった後の富士山を登るのに、往復分の水を持って来なかったの?下りは登りと同じ位エネルギーが必要だし、標高が下ってくるから気温も上がってきて余計に汗をかくんだよ。水分不足で汗が出なくなって熱中症になったらどうするつもり!?


☆ エピソードB:
「あぁ、もうこのむき出しの岩ばかりの道やめて欲しいわ!脚が痛くてもう歩けない!」


☆ 感想B:
あのぉ、ここは富士宮ルートですよねぇ。富士宮ルートが岩だらけだということは最初から分ってて来てるんですよねぇ。だったら何故に普通のスニーカーで来てるんですか?足首でも挫いたらどうするんです?やっぱ携帯で救助要請ですかね。


とまあ、数え上げればきりがありませんが、他にも明らかに綿生地のインナーとアウターで登ってる輩もいますし、登りで物凄い大股歩きで得意気に登っていき、下りで膝をやられてロープにすがって下りている輩もいました(あんな歩き方してたら大腿四頭筋が乳酸でやられて使い物にならなくなり、下りでは衝撃がもろに膝にきてあっというまに歩けなくなるぞ、と心配していたら、案の定ノックアウトされてました)。荷物を見ても明らかに9月の富士山に登るために必要な装備が入っているとは思えません。8月までなら霧に巻かれて道を間違えても山小屋が至る所にあるので遭難の心配は要りませんが、9月以降の富士山に山小屋は殆どないので、ビバークに堪えられるだけの装備は持っていく必要があります。そうなると荷物の量は最低でも10キロ程度にはなるでしょう。10キロが重すぎると言うのであれば身体を鍛えて担げるようになるか、8月中に登るべきです。


さて、一通り愚痴ったところで登山を再開しましょう。と言っても富士山には頂上まで特に見るべきものはありませんので全部すっ飛ばします。

はい、これが富士宮口の頂上です。お疲れ様でした。


<富士宮口頂上>
2010092004.JPG


富士宮口の頂上で昼食を摂りましたが、流石に15キロの荷物を背負って1400メートルも登ってくると、お腹が空いて仕方がありません。休憩の度に200キロカロリー位ずつ摂取していたのですが、全然足りませんでした。9合目から頂上に着くまでは、一刻も早く昼食を食べたい一心で登ってました。ようやく頂上に着いた時に思わず口から出た言葉は、「腹減ったー!」でした(日本一の山に日本一風情のない男)。昼食はマルタイラーメンを作って食べましたが、これがまた旨いの何の。スープまで一気に飲み干し、ようやく人心地が着いた気がしました。マルタイラーメンはカップラーメンと違ってかさばらず、しかも麺を食べ終わった後にご飯を入れれば、とてもおいしいおじやができるのでお勧めです。

富士宮口の頂上から西側に30分ほど行くと、本邦の最高峰である剣ヶ峰(けんがみね)に到着します。ここには富士山測候所があります。剣ヶ峰の手前にある坂道は中途半端なサイズの岩と言うか、砂でできているので非常に歩き辛いです。


<剣ヶ峰>

2010092005.JPG

本来であれば友人とラジカセ持参で剣ヶ峰の麓まで登り、ロッキーのテーマ音楽を大音量でかけながら全力で剣ヶ峰を駆け上り、頂上で「やったぞー、エイドリアーン!」と叫ぶ姿をビデオで撮影してもらってそれをYouTubeで流し、NHKの『おはよう日本』の「世界が注目ネット動画」のコーナーで放映されて一躍時の人となるところなのですが、残念ながら友人がいないので一人寂しく口笛を吹きながら剣ヶ峰に登りました。


ちなみに「ラジカセ」とは「ラジオカセットレコーダー」の略称で、MP3プレーヤーのような音響機器のことですので悪しからず。

富士山の火口は実に見事で、流石は日本一の山だなぁと感心します。これまで延々と続いてきた単調な登り道による疲れも、この景色を見れば一発で吹き飛ぶことでしょう。愛煙家である自分は、当然のことながらこの日本一高い場所で煙草をふかし、最高の一時を過ごしました。


<剣ヶ峰から見た火口(でかすぎて入りきりません)>

2010092006.JPG

今回は5合目から登ったとはいえ、初めての3000メートル越え、しかも日本一の山である富士山に登ったという満足感は、やはり今までとは違ったものがありました。他の山に登る場合の対象は飽くまでも山そのものや自然ですが、富士山を登る場合の対象は自分自身であるという気がします。富士山に登れば何か今までとは違った自分になれる、今までの自分を一歩乗り越えた気にさせてくれる、富士山はそんな不思議な力を持った山でした。

本当は「お鉢回り」、つまり富士山の火口を一周してみたかったのですが、時間もないので今回は諦め、早々に下山することにしました。途中で背後を振り返り、富士山に別れの挨拶をしました。


「さらば、富士よ。いつかまた会おう

2010092007.JPG

今回はトレーニング目的なので下山も特に急がず、ゆっくりと一歩ずつ足の置き場所や体重移動のタイミングなどを、色々なパターンを組み合わせ、その反応を確かめながら下りてきました。15キロの荷物で標高差1400メートルを登り下りしましたが、次の日に多少筋肉痛が出た程度で他はなんともありません。殆ど有酸素系のエネルギーで済んだようです。高山病も全く平気でした。心拍数は140/分程度をキープしてましたので、汗もそれほどかかず、水は1.5リットルで足りました。標準コースタイムで、適度に休息と水分と行動食を摂りながら、きちんとしたフォームで歩けば人間そうそうへたばるものではないようです。計画より30分遅れての下山となりましたが、まあ良しとしましょう。帰りには御殿場IC手前の三来軒というラーメン屋さんでモヤシラーメンと餃子を食べて帰りました。ただ、東名高速が40キロの大渋滞で、夕方6時に駐車場を出たにも関わらず、家に着いたのは夜中の11時頃でした。登山よりも渋滞の方が疲れました。


さあ、次は10月の3連休に早月尾根から剱岳に登るぞー!


・・・と思ってたら連休中に仕事が入ってました。ガックリ。


<目的地>
剣ヶ峰

<ルート>
富士宮ルート

<標高差>
1,376メートル

<歩行距離>
約10キロ

<日程>
9/19(日)

<タイムチャート>
06:40 富士宮口新五合目
06:55 六合目 07:20
08:15 新七合目 08:30
09:20 元祖七合目 09:25
10:05 八合目 10:15
10:50 九合目 11:00
11:30 九合五勺
12:10 富士宮口山頂(昼食) 12:55
13:15 剣ヶ峰 13:20
13:40 富士宮口山頂
17:00 富士宮口新五合目

<コースタイム>
10時間20分

posted by Kiyonyan at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

谷川岳

今晩は!今回は谷川岳に登って来ました。
本当は昔ながらの谷川岳の登山ルートである西黒尾根から登ろうと思っていたのですが、時間的に厳しそうなのであっさり放棄。谷川岳ロープウェイで一挙に海抜1300mの天神平まで連れて行ってもらうという、軟弱野郎丸出しの選択となりました。


土曜日の夜9時半頃に自宅を車で出発し、夜中の12時過ぎに関越道の水上ICで降り、途中のセブンイレブンで翌日の朝食をゲット。
ちなみに谷川岳方面に行く方は、このセブンイレブンが最初で最後のコンビニになりますので、買い物は必ずここで済ませて下さい。

午前1時に谷川岳ロープウェーの駐車場に到着し、1階に車を止めました。谷川岳は北アルプスに比べればそれほど人気がないのか、駐車場は半分も埋まっていませんでした。ただ、車の中で寝る事が出来ない人達が大勢駐車スペースにマットとシュラフを敷いて寝ていますので、くれぐれも踏んづけないようにして下さい。駐車料金は1日500円ですが、夜中は係員がいないので、翌朝集金にくるおじさんに払えばOKです。


コンビニで買ったビールを飲み、おつまみに買ったソーセージを齧りながら小説『孤高の人』を読んでいる内に、あっというまに2時半になってしまいました。また今回も寝不足決定です


翌朝は6時に起床。7時の始発のロープウェイに乗るべくコンビニで買ったお弁当と、なめこのお味噌汁を沸かして朝食としましたが、もたもたしてる内に結局30分もオーバーして、いざロープウェイに乗り込みました。


<ロープウェイ乗り場>

2010090501.jpg

ロープウェイは10分程で天神平に到着。朝の天神平には大変清々しい空気が漂っており、頑張って登るぞ!という気になってきます。


<天神平からの眺め>

2010090502.jpg

それにしても今回は本当に良い天気に恵まれました。正しく雲一つない青空で快晴です。台風が九州に接近しているというニュースを聞いていたのでちょっと心配だったのですが杞憂に過ぎなかった様です。


<快晴の谷川岳>

2010090503.jpg

登山道を登り始めて30分位で最初の鎖場が現れます。ただ、この鎖場は何故にここに鎖が必要なのか全く分らないような所ですので全く心配は要りません。


<最初の鎖場>

2010090504.jpg

最初の鎖場から5分位で熊穴沢避難小屋に着きます。建物の中にはベンチがあって一休みできます。


<熊穴沢避難小屋>

2010090505.jpg

今回はかなり前もって荷物の準備をしていたのですが、お約束通りカメラを忘れてしまったので携帯のカメラで撮影しました。写真がセピア色になっているのはそのためです。

熊穴沢避難小屋からが本格的な登りが始まります。さぁ、これから最初の頂上である「トマの耳」に向かいます。


<登り道>

2010090506.jpg

念のために申し上げておきますと、谷川岳には頂上が2つあります。一つが今述べた「トマノ耳」(1963m)で、もう一つが「オキノ耳」(1977m)です。「オキノ耳」の方が標高が高いのですが、通常谷川岳は二つ耳とされていますので、「トマノ耳」にだけ登れば谷川岳登頂と言って良いかと思います。


頂上に向かう途中には、「天狗の溜まり場」と「天神ザンゲ岩」の2つの休憩&見晴しポイントがあります。


<天狗の溜まり場>

2010090507.jpg

<天神ザンゲ岩>
2010090508.jpg

ザンゲ岩で素晴らしい景色を眺めながら感慨に耽っていると後からおばちゃんの二人連れがやって来て、

おばちゃんA「あら、ザンゲ岩だって。あなた若い頃にした悪さでもザンゲしてみたら?」

おばちゃんB「そんな昔の事もう忘れちゃったわ。最近のじゃダメかしらん?」

などとしょうもない会話を繰り広げながら通り過ぎて行ったので、せっかくの気分もぶち壊しです。


ザンゲ岩から10分も歩けば山小屋である「肩の小屋」に到着します。
ここは基本的に予約が必要なようですが、冬は解放されているようです。ここからの眺めは本当に素晴らしいの一言に尽きます。


<肩の小屋>

2010090509.jpg

<肩の小屋からの眺め>
2010090510.jpg

肩の小屋から15分も登れば「トマノ耳」に到着します。360度の大パノラマを楽しむことが出来ます。


<トマノ耳>

2010090511.jpg

「トマノ耳」の次は「オキノ耳」です。谷川岳頂上はラクダの瘤のようになっているので一旦降りてまた登ります。


<オキノ耳>

2010090512.jpg

<オキノ耳側から見たトマノ耳>

2010090513.jpg

<オキノ耳山頂>

2010090514.jpg

「オキノ耳」を過ぎると、登山者は殆どいなくなります。谷川岳を貸し切り状態で歩けホント最高です。一ノ倉岳へ向かう稜線は結構細いので、注意して歩いて下さい。登山道の脇は断崖絶壁なので、落ちたらまず助かりません。ていうか、バラバラになります。


<一ノ倉岳に向かう稜線>

2010090515.jpg

身も凍るような断崖絶壁を眺めながら稜線を歩いていると、何やら黒くて四角い石のようなものが岩に埋め込まれているのに気付きました。よく見ると、どうやら谷川岳で亡くなった登山家の慰霊碑のようです。


<慰霊碑>

2010090516.jpg

この慰霊碑を見た瞬間、それまでのふざけた気持ちは胡散霧消し、自然と慰霊碑に向かって手を合わせている自分がいました。自らの命を顧みず困難な戦いに挑み、志ならずとも華々しく散って行った山の勇者たち。いま自分がこうして谷川岳を歩いていられるのも、彼らの志があったからこそのことです。勇敢な山の諸先輩方の冥福を、心よりお祈り申し上げます。

さて、柄にもなくおセンチなことを書いてしまいましたが、気を取り直して先に進みましょう。一時の感情を後に引き摺らないのが、自分の長所(短所?)です。

「オキノ耳」から暫くの間歩くと、今回の最終目的地、「ノゾキ」に到着します。「ノゾキ」はかの一ノ倉沢を上から見下ろせる絶好のビューポイントで、新田次郎の小説の舞台にもなっています。
ここでコーヒーを飲みながら煙草を吸うのが夢だったんです。今回とうとう夢が叶いました。


<ノゾキ>

2010090518.jpg2010090517.jpg

さて、今回は先日購入したマインドルの登山靴、「ヤリジャパン」のデビューも兼ねていたのですが、はっきり言って凄かったです。今までは北アルプスでも9800円の安物トレッキングシューズで登っていたので毎回下山時には足の裏が激痛で大幅なペースダウンを強いられていたのですが、今回は「ヤリジャパン」のおかげで、最後まで疲れ知らずで済み、冗談抜きでスキップしながら谷川岳に登頂し、下山時もロープウェイ乗り場が見えたところから全力疾走などしてしまいました(ただの馬鹿)。念のためストックも持っていったのですが、結局一度も使わずに済んでしまいました。


家に帰ってから気付いたのですが、前回の高尾山でのトレーニング後にインソールを抜いて干していたのをすっかり忘れ、今回の山行はずっとインソールなしで歩いてました。ちょっと足がずれるなぁ、とは思っていたのですが、難なく最後まで乗り切ってしまいました。
恐るべし、ヤリジャパン。これなら厳冬期の北鎌でも日帰りできるのではないでしょうか(んなわけねぇだろ!)。

次回は何処にしようかな。


<目的地>
谷川岳、ノゾキ


<ルート>
天神尾根


<標高差>
665メートル


<歩行距離>
約8キロ


<日程>
9/5(日)


<タイムチャート>
07:30 天神平
07:40 田尻尾根分岐
08:00 熊穴沢避難小屋 08:10
08:40 天狗の溜まり場 08:50
09:20 天神ザンゲ岩 09:30
09:40 肩の小屋
09:50 トマノ耳
10:10 オキノ耳
10:30 慰霊碑
10:35 ノゾキ 11:40
14:00 天神平


<コースタイム>
6時間30分

posted by Kiyonyan at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。