2011年10月16日

甲武信ヶ岳(徳ちゃん新道)

今日は。今回は8月の終わりに挑戦したものの雨のため敗退した甲武信ヶ岳にリベンジして来ましたのでご報告です。

10月の三連休最終日の朝4時半に自宅を出発し、6時半に西沢渓谷の駐車場に到着。自宅を出てから僅か2時間で着けるという近さは実に魅力的です。前回は「道の駅みとみ」に車を止めたのですが、今回は西沢渓谷の駐車場にしました。こちらの方が登山口までの距離は多少短くなりますが、生憎トイレがありません。自分は前の晩にビールを飲みすぎたせいか到着直後にお腹を下し、駐車場から国道沿いにあるトイレまで2往復もする羽目になりました。お陰で出発する前から既にヘロヘロでした。

2011101606.jpg

今回はリベンジというこで、前回と同じ徳ちゃん新道から山に入ります。前回は4ヶ月振りの山行ということもあり体力的にはかなりきつかったのですが、2週間前に25kg担いで燕岳に登ったお陰か、今回は脚が非常に軽いです。

今回の山行では脚力の調整の他に、もう一つ目的がありました。それは先日購入したパナソニックのデジカメ、LUMIX FT3を試してみることです。この機種は防水・防塵・耐衝撃・耐低温性能を備え、更には高度計・気圧計・方位計・水深計まで備えている優れものです。以前使っていたオリンパスのカメラは、気温が低いと電池が消耗して動作しなくなることが多くて往生していたのですが、今回思い切って買い換えました。これで冬でも安心して写真を撮ることができる筈です。

近丸新道と徳ちゃん新道の合流点を通り過ぎ、2350のザレ場に到着。前回は暴風雨で何も見えませんでしたが、今回は富士山がばっちり見えます。あの雲の向こうにまさかこんなに素晴らしい景色が隠れていたとは想像もつきませんでした。

<前回の眺め>
2011101603.jpg

<今回の眺め>
2011101602.jpg
2011101601.jpg

ザレ場から20分ほどで2469mの三等三角点、木賊山山頂に着きます。でも眺望は全く無いので素通りです。

2011101604.jpg

木賊山からは下りになり、ザレた斜面に出るとついに甲武信ヶ岳とご対面です。写真では何度も見ている姿ですが、実物を目の当たりにすると思わず、

うぉぉぉ!何だこのモヒカン頭の山はぁぁぁ!

と叫んでしまいそうになります。

2011101605.jpg

ザレ場を下りて樹林帯を抜けると甲武信小屋の前に出ます。昔ながらの山小屋の雰囲気を色濃く残す、山好きの間では「超」がつく位有名な山小屋です。機会があれば是非一度泊まってみたいものです。ちなみに徳ちゃん新道の「徳ちゃん」は、この山小屋のご主人の名前だそうです。ありがとう、徳ちゃん!

2011101607.jpg2011101608.jpg

甲武信小屋を過ぎると甲武信ヶ岳山頂は目と鼻の先です。流石に日本百名山だけあって凄い賑わいでした。

甲武信ヶ岳は山梨側からだと破風山などに隠れて全く見えないのですが、登ってみると何故に深田久弥氏がこの地味な山を百名山に選んだのかよく分かります。この頂からは以前登った金峰山や富士山などが一望できるだけでなく、自分があたかもそれらの高峰を繋ぎながら延々と連なる山嶺に取り込まれたかのような錯覚を覚えます。富士山のように周囲から飛び抜けて高い山に登った際には周りからは隔絶した世界にいるような気がするものですが、この山の場合には自然との一体感を得ることができます。深田氏はこの山をして「奥秩父のヘソ」と呼んでいますが、真に正鵠を得た表現だと思います。

2011101609.jpg2011101610.jpg
2011101611.jpg2011101612.jpg

山頂からの景色を十分に堪能した後は、カレーヌードルで昼食となりましたが、甲武信ヶ岳は百名山だけあって山登りの初心者が実に多く、写真を撮ることに気を取られて人のザックを蹴っ飛ばしたりするのでおちおち安心してもいられません。

食べ終わると同時に後片付けを済まし下山開始です。時間的にはかなり余裕があったので、景色や山の雰囲気を楽しみながらゆっくりと下りて行きました。

近丸新道での下山も考えたのですが、地形図で見る限り結構急な感じなので結局徳ちゃん新道でピストンとなりました。今度は近丸で登って雁坂峠から降りるルートも試してみようかと思います。

それではまた。

<目的地>
甲武信ヶ岳

<ルート>
徳ちゃん新道

<標高差>
1,375メートル

<歩行距離>
約14.2km

<日程>
10/10(月)

<タイムチャート>
7:00 徳ちゃん新道入口
8:30 近丸新道合流点
9:50 ザレ場 10:00
10:20 木賊山山頂
10:30 甲武信小屋
10:50 甲武信ヶ岳山頂 12:00
12:40 ザレ場 13:00
13:50 近丸新道合流点 14:10
15:30 徳ちゃん新道入口

<コースタイム>
8時間30分

<歩行時間>
6時間30分(上り3時間40分、下り2時間50分)

<休息時間>
2時間

posted by Kiyonyan at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/230689876
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。