2005年06月23日

ニュージーランドという国

今日は!

先日はアパートメントを借りた話について書きました。ニュージーランドは基本的には全てが簡単で分かり易いのですが、勿論良いことば

かりではありません。ニュージーランドが如何に素晴らしいかということばかり書いていたら旅行会社と同じになってしまいますので、今

日はニュージーランドの駄目な点について書きたいと思います。

まず、ニュージーランド人は何をやらせてもまともに出来ません。この一週間の内に起きたトラブルを挙げてみます。

1.スーパーの店員が釣り銭を間違えた
2.ホテルのチェックアウト時に過剰に部屋代を請求された
3.デパートでクレジットカードを使ったところ、システムがクラッシュした。挙句の果てに閉店だから明日また来いと言われた。
4.電化製品を買おうとしたところ、何と在庫がなかった。
5.組み立て式の机を買ったら、部品が足りなかった。クレームを入れたら、在庫が無いから別の店舗に行けと言われたが、その店舗にも

在庫が無かった。勿論その後何の連絡も来ない。

とまあ、数え上げたらきりが無いのですが、とにかくこの国では、日本にいたらとても考えられないような事が次から次へと起こります。
はっきり言って、システムというシステムがこの国では何一つまともには機能していません。
1時間に1本しかない電車ですら、時刻表通りには出発しません。しかも日曜日はお休みです。
唯一の公共交通機関であるパスでさえも、ストライキで1週間ほど完全に止まってしまいました。
バスで学校に通っているクラスメイト達は、その間1時間以上も歩いて学校に通っていました。
こんな体たらくの人口400万人しかいないちっぽけな島国に、いみじくも1億数千万人の人口を抱える経済大国日本が、経済的にも政治

的にも全く歯が立たないというのは一体どういうことなのでしょうか。
日本円はニュージーランドドルに対して価値が下がる一方です。現在1ドル=80円位なのですが、この国で受けられるサービスの品質を

考えると、1ドル=50円でも高いように思えます。
自分は日本で長いこと働いていたので分かるのですが、同じ金額を払った場合、日本人はニュージーランド人の3倍の仕事をすると思いま

す。
少なくとも日本では閉店時間だからといって、待っているお客様を無慈悲に追い出すようなことは絶対にありえません。
しかし、この国ではそれが普通なのです。正に労働者天国といったところでしょうか。
あれだけまじめに働いている日本人が、この何にもできないニュージーランド人に全く手も足も出ないというのは本当に奇妙なことで、原

因としてはやはり政治の無能という一点につきると思います。

日本人もそろそろ政治に対してもっと敏感になっても良い時期なのかも知れません。政治が良くなれば日本人はもっと良い暮らしが望める

のですから。

それではまた。
posted by Kiyonyan at 21:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ニュージーランド
Excerpt: ニュージーランドニュージーランドは、南西太平洋の島国。2つの主要な島と、多くの小さな島々からなる。北西2000km先にオーストラリア大陸があり、南は南極大陸、北はトンガ、ニューカレドニア、フィジーがあ..
Weblog: 世界の旅
Tracked: 2005-07-07 12:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。